Curriki Japan – Open Educational Resources, A non-profit organization, 世界中で教材を共有しています

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

Q: Currikiとは、どういう意味ですか?
A: カリキと発音しています。Curriculum(カリキュラム)とWiki(ウィキ)を組み合わせた言葉です。
世界で930万人以上が利用する無償で教材をシェアする仕組みです。

Q: このサービスの利用は、無料ですか?
A: 完全に無料です。

Q: 誰のためのサービスですか?
A: 教材の対象レベルは、小学校低学年から大学までです。生徒自身、親、先生、教育関係者の
どなたもご利用いただけます。

Q: 教材は、個人や学校で利用してかまいませんか?
A: ご自由にお使いいただけます。素材として、部分利用や流用することもできます。

Q: 教材を再配布してもいいですか?
A:  ご自身が所属されている教育機関やコミュニティーの中での配布は可能です。
ただし、販売等で利益をあげるための商用利用は、currikiの許可なくできません。
ご不明な点は、curriki.jpにご相談ください。

Q: なぜ無料でサービスができるのですか?
A: コンテンツの作成や配布は、すべてボランティアベースで行っています。
運営は、寄付および企業からの支援により行っています。

Q: ボランティアとして参加できますか?
A: 趣旨にご賛同いただける方を常に募っています。大歓迎です。

Q: 運営者は誰ですか?
A: 米国の非営利団体Curriki.orgが行っているプロジェクトを、日本では
早稲田大学 国際オープン教育リソース研究所と協力して運営しています。
詳しくは、about Curriki Japan のページをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter
Copyright © Curriki Japan 教材共有サイト(カリキ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.